猫絵描き オノマイ Mai Ono

  • 神奈川県横浜市生まれ 東京都在住(三毛猫うめにゃんと同棲中)  
  • 誕生日:5月14日
  • 広告デザイン・写真レタッチ・CDジャケットデザイン・ゲームキャラクターデザイン等幅広く経験。現在デザイナー兼猫絵描きとして絵の展示販売を中心に活動中

展示履歴

  • 2020年9月~10月/ぺちか×オノマイ合同展FUN!vol.2 GALLERY&CAFE CAMELISH
  • 2020年8月/猫又縁日 錆猫ギャラリー
  • 2019年10月/Creatures-生きとし生けるもの- GALLERY ART POINT
  • 2019年8月/猫サーカス展 ギャラリー金糸雀719
  • 2019年8月/生きもの展 錆猫ギャラリー
  • 2019年7月/第17回ZEN展 東京都美術館
  • 2019年5月/初恋118人展 Picaresque
  • 2019年4月~5月/第69回公募展ねこvol.11 ぎゃらりーKnulp
  • 2019年2月/ぺちか×ちょも島合同展FUN! GALLERY&CAFE CAMELISH
  • 2019年1月/にゃんこ展8 DESIGN FESTA GALLERY

STATEMENT

私にとって猫は「憧れ」「嫉妬」「畏怖」の対象であり、愛して止まない存在である。人として自身が感じる猫への美的フォルム・カリスマ性への憧れと嫉妬、地球上で最も繁栄している哺乳類である人類をどの生物よりも自在に操る潜在能力の高さへの畏怖、それらを人類に近い猫の姿に置き換えることによって、自身の心象風景を魅力的に伝えやすくしたいと考えている。
 猫をはじめ動物とは言葉が通じないからこそ感情移入しやすく、人はその心情を推測する。確実な正解を知る術はなく、その推測が自身にとっての正解となる。私の作品も観る手がどう感じ、どう想像するのかが魅力の一つであると感じている。信頼を感じれば仲間の様に。人によっては畏怖や畏敬の念を感じることもあるかもしれない。どれもが正解で、その時点で私の手を離れその個人唯一の作品となる。私の記憶や空想の断片から作り出した心象風景作品は、他の生物には無い「想像する」という能力を与えられた人類、観る手からの想像エッセンスによって完成すると考えている。

For me, cats are the symbol of “longing”, “jealousy”, and “awe”. They are also something I cannot stop loving.
As a human being, I long for and am jealous of their aesthetic forms and charisma. I’m in awe of their potential abilities to manipulate human beings, the most prosperous mammal on this planet, more freely than any living thing.
By replacing those emotions into forms of cats, one of the closest creatures to human beings, I believe I can covey my own images attractively.
We cannot communicate with cats nor other animals, but instead, we empathize with them, or guess their emotions. There is no way to get the correct answer, but the guess may be.
So are my works.
Some people may feel friendly trust, and others may feel scared.
Every feeling is correct, and at that very moment, each of my work will be out of my hands and become the work of that individual.
Works created from fragments of my memories and fantasies will be completed when viewers “imagine”, the ability given only to humanity.